米津玄師のおすすめ曲を紹介してみた




こんにちは、のび太(@ababaisme)です。

 

もはや日本を代表するアーティストと言っても過言ではないスーパークリエイター米津玄師。

関連記事:「米津玄師って誰?なんて読むの?一体何者なの?」にまとめて答えます

乗るしかない、このビッグウェーブに!!

今回は「最近名前もよく聞くし、気になってるけど何から聴いたらいいの?」という人のために
米津玄師のオススメ曲をご紹介します。

 

とにかくまずは最新アルバムを聴くべし!

これはどんなバンドにもアーティストにも大体当てはまる事ですが、まずは「最新曲」を聴いてみる事をオススメします。

何故ならそれがアーティストさんの現在=リアルタイムに最も近い作品だから。

特に米津さんの最新アルバム「BOOTLEG」にはアニメや映画とタイアップした楽曲が多く収録されているので「この曲、聴いたことある!」というのがかなり多いと思います。

過去作は後から掘り下げていけばOKです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/12/30時点)

 

あらゆる賞を総なめにした実績のあるアルバムです。きっと好きになります!

 

米津玄師には2つの顔がある

ご存知の方も多いと思いますが、米津さんは自身名義での活動を開始する以前から音楽活動を行なっています。

それがボカロP「ハチ」としての活動ですね。

米津さんは自身が歌唱して活動を始める以前から、初音ミクを始めとした合成音声ソフトボーカロイドを用いてオリジナル楽器を世に発表して来ました。

 

さて話は戻りまして、最新アルバムBOOTLEGを聴いた皆さんはどの曲が気に入りましたか?

ここで米津さんの曲を勝手にカテゴライズしてみましょう。

「春雷のような早口でリズムの良い曲が好き」
「orionのような優しい曲が好き」

最新アルバムを聴いてのご自身の好みを考えた上で、じゃあ次は何を聴いたら良いのか?と。

 

ハチ時代の印象を強く残す「ドンチャン系」

ボカロ時代のアップテンポの楽曲ですね。

ボカロ曲の特徴の1つとして「アップテンポで歌詞が詰まっている」という要素がしばしば挙げられます。

米津さんがハチとして発表している楽曲も、やはりアップテンポ(速い曲調)の曲が多くみられます。

例えばマトリョーシカ


パンダヒーロー

ワンダーランドと羊の歌

速いだけでなく、小気味良いテンポと思わず口にしたくなるような言葉運びが彼の楽曲の持ち味ですね。

「一目見て分かる歌詞」よりも「洒落の効いた難解な歌詞」が多い印象。

この特徴を強く感じられる米津玄師の楽曲を「ドンチャン系」としましょう。

 

米津玄師おすすめのドンチャン系はこちら

・ゴーゴー幽霊船
・リビングデッドユース
・ポッピンアバシー
・MAD HEAD LOVE
・ホラ吹き猫野郎
・しとど晴天大迷惑

どれも言葉遊びが楽しく、怪しげな曲調に独特の和の世界観が融合した、米津玄師ならではの楽曲です。

歌詞も遊びが効いていて面白いので、是非分からない単語ひとつひとつを調べて、そこに秘められた遊び心も楽しんでください。

個人的にはしとど晴天大迷惑の「九回裏 二死満塁 さよならついに本塁打」という野球の歌詞パートでバックで叩いてるリズムが野球応援の三三七拍子になっているところとか

洒落が効いていてものすごく好きです。

 

米津玄師としての温かみを感じる「ほっこり系」

ボカロ時代の反骨精神?とはちょっと変わって、生身での活動を始めてからの米津さんの楽曲はその歌詞に「救い」や「希望」を感じられるものが多くなりました。

一目である程度歌詞の意味が読み解けて、優しいメロディも相まって「米津流の王道J-pop」と呼べる楽曲ですね。

 

米津玄師おすすめのほっこり系はこちら

・サンタマリア
・アイネクライネ
・眼福
・メトロノーム
・Flowerwall
・orion
・メランコリーキッチン

パッと聴いて、歌詞を読んで「あ、いい曲」と感じるような、いわゆる分かりやすい名曲ですね。

そこにも米津節はもちろんあって、独特のメロディ回しも含まれてはいるものの、ドンチャン系に比べると万人受けしそうな楽曲です。

メランコリーキッチンはアップテンポで米津節をしっかりと使いつつも、温かみのある優しい歌詞が最高に響く名曲ですので、必聴です!!

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

皆さんは「ドンチャン系」「ほっこり系」どちらがお好みでしたか?

今回は独断と偏見で楽曲を2つにカテゴライズしてみましたが、どちらが好きであってもとにかくアルバムを聴いてみて下さい。

米津さんはどのアルバムでも新しい一面を見せてくれますしドンチャン系もほっこり系も収録してくれます。

どのアルバムを聴いてもきっと自分の好きな曲が見つかりますよ!

今ならまだアルバムもたった4枚しか出ていません!リアルタイムの米津玄師へ追いつけます!

これからも数々の名作を、タイアップを話題を生み出し続ける大注目のアーティストです。是非早めにチェックしましょう!

 

 

ボカロ時代の曲も米津玄師の楽曲も本当に良いなあ・・・好きだなあ・・・(小並感)

 

それでは、また!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

トラベルライター&ブロガー。旅行会社で副店長の順風満帆な生活をぶん投げて、大冒険の日々を送っています。26歳。最近は体型がジャイアンに近付いていることに危機感を感じている。