世界一周の定義は?どうしたら世界一周したことになるの?




こんにちは、のび太(@ababaisme)です。

 

「世界一周って、そもそもどういう事なの?」

「どうやって回ったら世界一周した事になるの?」

 

今回はそんな世界一周の定義についてご紹介します!

 

世界一周の定義①まずはどこの国へ行けばいいの?

とにかく日本を飛び出して、海外の国々を回る事だというのは皆さんもなんとなくイメージ出来ると思います。

じゃあまず最初にどこへ向かえばいいのか?

のび太
答えはどこへ向かってもok!!

 

最初の国がアジアでもヨーロッパでもアメリカでも、お隣の韓国に向かっても大丈夫!
南へ進んでオーストラリアから始めても、ビューっと一気にアメリカに入ったって良いんです!

 

世界一周の定義②どういうルートで進んだらいいの?

前述した通り、ルートは東回りでも西回りでもok!

ちなみに僕はものすごく方向オンチです。東とか西とか言われてもよく分かんねえ。

そんな僕みたいな方にも分かりやすく説明します。

 

世界地図を広げてましょう。

①日本を出て右へ移動→左から日本へ帰ってくる(東回り)

 

②日本を出て左へ移動→右から日本へ帰ってくる(西回り)

 

はい、これで世界一周です!!!

世界一周というよりも地球一周って言った方がイメージしやすいかも。

 

世界一周の定義③旅の期間に決まりはあるの?

何日以上の旅行でなければダメ!というのは特に決まっていません。

「どこの国に行きたいか」「どれくらいの滞在をするのか」世界一周のルートは人それぞれです。どれくらい時間をかけたっていいんです。

 

長い人だと何年もかけて世界を歩いています。

逆に、降り立つ国を最小限に絞れば1週間でも世界一周はできちゃいます。

 

例えば「日本→イギリス→アメリカ→日本」・・・。このルートで急ぎ足なら多分5日間くらいで世界一周できます。

お気付きの通り、「世界一周した!」という肩書を手に入れることは実はそんなに難しいことじゃありません。

 

でも上記のような移動旅行に意味があるのか?と問われれば僕にはちょっと良く分かりません(最短世界一周とかの企画なら面白いのかな?)

 

その旅に出る理由は何なのか?そのテーマは?スタイルは?

自分だけの世界一周を考えるのもこの壮大な旅の醍醐味ですね。

 

結論:世界一周するには期間もルートも自由!

短期間で回ることもできるし、一年以上かけて回ることもできます!

東回りでも西回りでも大丈夫!

自分の目的に応じたルート立てをしてみて下さい!

 

 

おまけ



・日本を出て上へ移動→下から日本へ帰ってくる(北回り)

 

・日本を出て下へ移動→上から日本へ帰ってくる(南回り)

 

僕はこの世界一周をしたって人は知りませんが・・・まあ、ありっちゃありかも?

 

 

それでは、また!

 




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

トラベルライター&ブロガー。旅行会社で副店長の順風満帆な生活をぶん投げて、大冒険の日々を送っています。26歳。最近は体型がジャイアンに近付いていることに危機感を感じている。