【VR ZONE SHINJUKU】新宿で今話題のVRを楽しんで来た




こんにちは、のび太(@ababaisme)です。

 

のび太
皆さんはもうVRを体験されましたか?

昨年、2017年10月14日に家庭用ゲーム機としてPlayStation VRが発売されましたね。

が、まだまだ日常には浸透していないように思います。

 

今回はそんなVR技術を思いっきり楽しめる今大注目の施設「VR ZONE SHINJUKU」へ遊びに行ってきましたのでご紹介致します!



そもそもVRって何なの?

のび太
バーチャル・リアリティの事だよ

VRとはVirtual Realityの略で一般的に「仮想現実」と訳される。
主にコンピューターや電子技術を用いて、人間の視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚といった五感を刺激し、あたかも現実かのように体感させる概念や技術を指す。
広義にはテレビ、映画、シミュレーションタイプのゲームも、自宅に居ながら世界の風景や創造上の物語に没入感を得られれば、VRと言える。(価格.comマガジンより引用)

皆さんもこんな感じのヘッドセット、見た事あるんじゃないでしょうか?

かつてはSFや物語の中だけの話だったVR が今、ついに現実のものとして我々の手の届く距離にまでやって来たのです!!

 

さあ、取り乱せ!「VR ZONE SHINJUKU」

今回お邪魔したのは新宿にあるこちら。

のび太
ここが「VR ZONE SHINJUKU」です。

今や歌舞伎町のランドマークとなったTOHOシネマズのゴジラのすぐお隣です。

 

ちなみにその正面にはアパホテルも建っていました。


 

のび太
アパホテルのステマも無事に終えたので本題に入りましょう

 


入り口で既にこちらのテンションを沸騰させてくるこの造形。

事前にインターネットでチケットを購入しておくことも可能ですが、今回は突発的に決まった来訪だったのでチケットカウンターにてチケットを買いました。

 

初めての方には
1DAY4アトラクションチケット ¥4.400がオススメです。


チケットを準備したら改札をくぐっていよいよVR ZONEへ潜入です!

 

入り口付近には大樹っぽいオブジェクトがそびえていて、バックの壁はプロジェクションマッピングが投影されていました。

カップルは2人で写真を撮ったりしてもいいかもしれませんね。


時間ごとにイルミネーションの光やプロジェクションマッピング自体が変わるので、ここでぼーっとしているだけでも未来を感じます。

のび太
時代の最先端に来てる感すごい

 

そんな感慨深い気持ちを抱きながらも、早く体験したいという気持ちが抑え来れません。

 

体験するVRアトラクションを決めよう

1DAYチケットを買うと渡されるのがこちら。

・店内の地図
・入場チケット→改札を通る時に使ったやつ
・体験に必要な4色のチケット(各1枚)
・保護マスク

 

VR ZONE SHINJUKUでは、全16種類のVRアトラクションが用意されています!

ーーが、実際に体験できるのは4つまで。

と言うのも、15種類のアトラクションはそれぞれジャンル毎にの4種類にジャンル分けされているんです。

そして手元には各1枚ずつの体験チケット。

 

のび太
なんて難しい選択なんだ!!

事前にリサーチして何を体験するか決めていれば良かったんですけど、今回は全く前知識なしでやって来たのでまずはどんなアトラクションがあるんだ?と。

公式ホームページより抜粋。ワクワクしちゃいますね。

 

極限度胸試し 高所恐怖SHOW

まず手始めに「極限度胸試し 高所恐怖SHOW」

のび太
その名の通り高所恐怖症の人には明らかに無理であろうアトラクションです

 

列に並び、順番を待つ僕と友人のN沢。

ちなみに2人とも高い所は全然平気なのでドキドキしながら待つというよりは「早く体験してえ〜まだかな〜まだかな〜」って感じでした。

バカと煙は高いところが好きって言いますもんね。

そしていざ順番…!!

スタッフのお姉さんに支持されて手の甲にセンサー付きの器具を装着、そして腰にはベルトを装着、そこに天井から伸びるベルトをくっ付けます。

 

平面なのに命綱付けるのかよ!リアル!!

保護マスクを顔につけ、その上からVRゴーグルとヘッドホンを装着します。

のび太
すごい、エレベーターの前にいる!

この完全装着状態、もう完全に外界の状況は分かりません。

 

ついさっきまで新宿歌舞伎町にいたはずなのに、気が付けば高層ビルの屋上へと向かうエレベーターの前に立っていました。

このアトラクションのミッションは屋上の板上に迷い込んでしまった子猫を救出する事です。

なんで子猫こんなところに迷い込んでんの?というツッコミも忘れてしまうくらいのリアルが、目の前にーーー。

 

いや目の前どころじゃない。全方位!

 

エレベーターに乗り込むと、ぐんぐんと屋上へ向かって上昇していきます。

外に見える景色は本当に現実そのもの。

僕の身体はどんどんと上空へ…もう地上がめっちゃ遠い!車がミニカーみたいにちっちゃい!!

こうしてエレベーターは屋上へ到着。

開かれた扉の先には何故か板っぱちが一本、空へ向かって伸びています。

そしてその先端には怯える猫の姿が!!!

すげえリアル。VRだと分かっていても踏み出す足には力が入ります。

のび太
ち○こがヒュッ…ってなるよ


気持ちは完全にカイジです。借金ないのに・・・。

VRの登竜門とも言えるこの定番の高所VRはぜひ体験してみて下さい!

高いところが苦手な人は絶対無理だと思うけどね!

 

ちなみにVRゴーグルを装着する際の保護マスクと普通のマスクを併用するとやべえ奴になるので気を付けて下さい。


確実に職質されます。

 

みんなそれぞれの仮想現実に入り込んで悲鳴を上げたり歓声を上げたり、とても盛り上がっておりました。

ちなみにプレイしている人を外から見ていると完全にやべえ奴みたいに見えます。これもVRの醍醐味ですね。

 

なんか見たことのある光景だなぁ…

 

のび太
あ、近所のケーズデンキでよく見るやつだ

 

恐竜サバイバル体験!VR絶望ジャングル

こちらは恐竜ひしめくジャングルが舞台。

 

セグウェイみたいな乗り物に乗り、脱出用ヘリコプターを目指すアトラクションです。

ちなみにクリア確率は5%です

のび太
ほぼ確実に死にますやん
お兄さん
そうなんです、皆さんほぼ死にます

 

このゲーム、本当に絶望です。絶望ジャングルです。

・ゴールのヘリコプターの位置は不明
・時間制限あり
・乗り物のバッテリーがみるみる減っていく
・恐竜に攻撃されると一気にバッテリー減る
・フィールドは一寸先は闇
・恐竜に対抗するための武器はなし

 

案の定、ディノニクスっぽい小型肉食獣に食われてゲームオーバーになりました。

これはクリアを楽しむというよりスリルを楽しむゲームですね。

血が出るし人間は捕食されるしで、ちょびっとグロテスクです。苦手な人はご注意を!

 

急滑降体感機VRスキーロデオ

僕は人生で2回しかスキーしたことありません。

最後にスキー板を履いたのは中学一年生の時のスキー合宿ですから、もう13年くらい前の話になります。

まさか13年ぶりにやって来た雪山がバーチャルの世界だなんて、あの当時の僕は想像もしていなかったでしょう…。

 

こちらのアトラクションではゴールまでのタイムを計ります。

リアルでは絶対に体験できないであろう命がけの直滑降コースを体験出来る!めちゃくちゃ楽しい!

VRの雪山は寒くないし(当たり前)雪山から吹っ飛んで崖に突っ込んでも死にません(当たり前)

 

ナイアガラフォールズ

プロジェクションマッピングが投影されたオシャンティな垂直の滑り台から一気に落ちます。

ええ、本当に落ちます。

 

もはやVR関係ありません。

つなぎを着て、ヘルメットをかぶり、いざ出陣。

 

写真の赤いバーにぶら下がるとアームが上昇していきます。

のび太
あ、これ腕力いるやつじゃん
お姉さん
お兄さん頑張って下さい!
のび太
ヤバイ、非力だから無理
お姉さん
どんどん上がっていきます〜
のび太
手がプルプルしてきた!周りの人からすごい注目されてる!途中で落ちちゃったら恥ずかしい!!
お姉さん
もう少しでてっぺんです!
のび太
(耐えろ、耐えてくれ俺の両腕!)お姉さん早くカウントダウンして!早く!!
お姉さん
5.4.3.2.1.GO!!
のび太
うおおおおお
お姉さん
・・・どうでしたか?
のび太
手が疲れました

※gifの人物はN沢くんです(無許可)

 

 

以上が今回僕たちの体験した4アトラクションでした。

 

実は友達の家でPlayStation VRのバイオハザードをプレイしたことはあったんですけど、やっぱり体験型アトラクションのVRはそれをしのぐリアリティでしたね。

改めてVRの凄さに魅せられました。

でもそれと同時に、これは実際に体験してみないと本当の凄さは伝わないなと思いました。

のび太
でもブログにしちゃった

ちなみに追加購入でチケットを買えば他のアトラクションに参加することも可能です。

 

でも待ち時間とかを考えたら1度の来訪で15種類すべてのアトラクションをコンプリートするのは難しそう。

僕も日を改めてまた挑戦しに来たいと思います!

 

おまけ:名作において題材として用いられてきたVR技術

劇場版名探偵コナン ベイカーストリートの亡霊

のび太
犯人はトマス・シンドラーだよ!!

仮想体感ゲーム機「コクーン」の完成披露パーティーに招かれたコナンくんたちの物語。

コナン映画の中でも未だに大人気のモンスター映画です。

まさにVRシステムを用いたアトラクションでしたよね!!

映画ではコナンくんを筆頭に少年探偵団とクソ生意気なガキどもが仮想空間としてのロンドンを走り回っていました。

 

現在のVRはここまでの超技術ではありませんが、ゆくゆくはこういう精神と肉体が完全に分けられたような体験も出来るようになるんだろうなと思っています。

 

.hack

のび太
トライエッジィィィィいいいいい!!

仮想現実を用いたゲームソフトの中で起きる事件を解決していくバトル・アクション。

架空のMMORPG「The World」で起きる異常現象に関わった多くのプレイヤーたちの物語です。

アニメ、マンガ、小説、ゲームと様々なメディアミックスで世界観を展開する当時ではかなり斬新で真新しい試みをしていたヒットシリーズなんですぜ。

 

ちなみにこのゲーム、ゲームの中のゲームキャラクターを操作するという非常にややこしい話です。

PS2シリーズの【.hack//G.U.】は自宅のテレビがぶっ壊れるくらいやりました。徹夜で。

主人公のハセヲがどう見ても悪役っぽいし、序盤の小物感とかすごい好きです。

 

 

ソードアード・オンライン

大人気小説でアニメ化、映画化もされたSAOこと「ソードアートオンライン」。

同じく仮想現実での物語です。

主人公のキリトくんはイケメンかつゲームも上手いしモテルし運動神経もいいですよね。

でも実際にゲームが上手いやつはみんなこんな顔してますから。


「どゅふふふスターバーストストリィィイム!!!!」

のび太
あれ、なんかこいつ・・・いつも鏡の前で見るような。うっ、アタマガ・・・・

 

このようにVRシステムは兼ねてよりその実現化を望まれていまして、ここへ来て遂に僕たち一般人でも体験が出来るところまで技術が進歩したわけです。

一昔前までは夢のようだった技術も、次々に実現化していく時代です。

この時代に生まれて良かった。

 

屋内にいながら活発な世界を体験できるVR ZONE SHINJUKU!!

カップルでの屋内デートにもあり!冴えない男同士の来訪にもあり!

今回は利用しなかったから触れませんでしたが、お洒落なVRカフェやお土産売り場もありましたよ〜。

 

女の子はスカートで来たらパンツ見られ放題になるから気を付けて!

 

それでは、また!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

トラベルライター&ブロガー。旅行会社で副店長の順風満帆な生活をぶん投げて、大冒険の日々を送っています。26歳。最近は体型がジャイアンに近付いていることに危機感を感じている。