【仕事の話】日本人よ、もっと逃げていいんだ!




 

こんにちは、あばばです。

皆さん、現在の仕事どうですか?

「日本の働き方」とGoogleで検索すると「 日本の働き方 異常 」「 日本の働き方 おかしい」「 日本の働き方 合わない」とネガティブな検索ワードが目立ちます。ここからも見て取れるように、日本の仕事に対する考え方/在り方は海外諸国に比べて「おかしい!」と言われていますね。

はい、そこで「皆さんは今の仕事、どうですか?」

僕は別に好きな事を仕事にしなくたっていいと思う派です。

仕事以外で楽しくて仕方ないことがあって、それに思いっきり時間使える状態なら仕事はめんどくせえなって感じでも全然いいと思うんですよ。でも、もし辛い思いばかりをしていて、毎日必死に通勤しているようであればそれはもう逃げちゃおうぜ!って話です。


辛いなら逃げようぜ

ちょっと暗い話ですけど、事実。仕事を苦に命を絶つ人が大勢居ます。

他人からしたら「死ぬほど辛いなら仕事を辞めたらいいのに」と思いますよね。実際、その通りで、死ぬほど辛いなら仕事を辞めたら良いんです。僕たちって生きるために働いてるわけじゃないですか。生きるためにはお金が必要で、そのお金を得るためには働く必要があります。生きるために仕事をしているのに、その仕事が嫌で死んでしまうなんて本末転倒です。

あばば
でも、追い詰められた本人にはそんな「当たり前」が考えられない。

極限状態に近づけば近づくほど、視野はどんどん狭まっていきます。皆さんも慌てたり驚いたりして心の状態が変わると、いつも通りの冷静な判断が出来なくなりますよね。それと同じです。

「仕事なんていくらでもある」
「仕事を辞めたって死ぬわけじゃない」
「自分には味方がいる」
「少し休んで転職しよう」

そんな本来であれば簡単に気付けるような考えにも至らず、責任感と重圧に押しつぶされてしまう。

その結果、命を絶つような事が起こります。

ちょっと極端な例を出しちゃいましたけど、別に死ぬほどまでには悩んでいなくたって「仕事辛いなあ」「毎日きついなあ」って思うなら逃げちゃえばいいと思うんですよ。

あばば
まずは疑ってみようぜ!

「この仕事は辞めるわけにはいかない」
「辛くてもそれが働くってことなんだ」
「この程度の事で辞めたら周りに馬鹿にされる」

それ、本当にそうですか??勝手に視野を狭めて思い込んでいませんか?

とにかく疑う!世界はそんなに狭くない!

 

逃げることは悪じゃない

あなたは道端でナイフを振り回している人を目撃したらどうしますか?

とりあえず逃げますよね??

どうして逃げるんでしょうか。
それは、相手があなたの事を危険に晒す可能性を見せているからです。

生物は命の危機に瀕したときにそれから身を守ろうとします。
虫だって動物だって、危険を感じたら逃げますよね?

あばば
じゃあ、僕たちだって逃げればいいじゃないですか。

「会社」が自分の事を追い詰めているのであればさっさと逃げましょう。食物連鎖の頂点に君臨する我々「人間」は、自分を脅かす外敵がいない故に危機管理能力が極端に低い!だから会社に命を脅かされそうになっても気付かない、行動しない、挙句やられてしまう。

余談ですが、日本に「会社」って400万社以上存在するんですよ。

今の会社が合わないからって我慢して命を削って頑張るよりも、別の場所に飛び出してしまったほうがよっぽど効率良いじゃないですか。

もっとあっさり逃げよう。大層な理由なんて必要ないよ。
無理して病気になったら元も子もないぜ。

 

あなたが辞めても会社は回る

あなた一人が仕事辞めようが別に会社は滞りなく回ります。

ある程度の影響は出るとしても、それで会社の存続が危ぶまれるような事にはなりませんよね?

「自分が辞めたら仕事の負担が・・」
「こんなタイミングで辞めたら迷惑が・・」

そんな事をいちいち気にする余裕があればいいですけど、それを理由にズルズル会社に残り続けた先にあなたが得する事ってありますか?無ければさっさと辞めましょう。

周りの人だって最初は騒ぐかもしれませんけど、一瞬だけですよ。

自分が思っているよりもみんなあなたに興味ありません、これマジで。

だから「わたしが辞めたら会社が・・」なんて、おこがましいわい!!会社にとってはあなたの代わりなんていくらでもいます。

でもあなたやあなたの家族にとって、あなたの代わりはいませんよね。

さあ、どちらを重視するかなんて決まっているようなもんでしょう。

 

僕は一足先に逃げます

この記事を書いているのは2018/03/03です。ひな祭りです。

僕は昨日、上司に退職の意を伝えました。立場的にそこそこ上で、かつ男手という事もあり引き止められはしたものの、僕は今の仕事にもう「やりきった」感を抱いています。

・片道90分もかけて通勤するのめんどい
・旅行とかもっと行きたいし
→もういいや、辞めよう。

こんな感じで僕は一足先に逃げます。

みんな頑張り過ぎには気をつけて。少なくともここに「大した理由もないけど仕事をやめちゃった男」が一人いることを忘れないでほしい。なんだって出来るから、嫌ならさっさと逃げちゃおうぜ。その先で俺は待っているぜ!!!

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

トラベルライター&ブロガー。旅行会社で副店長の順風満帆な生活をぶん投げて、大冒険の日々を送っています。26歳。最近は体型がジャイアンに近付いていることに危機感を感じている。