旅に出るために必要なものとは?




 

こんにちは、あばば(@ababaisme)です。

 

皆さんは旅行が好きですか?僕は大好きです。

そして、そんな僕達は一つの旅が終わる毎にこう思います。

旅したい、ああ旅したい、旅したい

僕たちが旅に出る時に必要なものって一体何でしょう。

それを明らかにすることでちょっとでも出掛けやすい環境を自分自信でつくれたらいいなと思ってこの記事を書くよ。

 

1、旅に必要なものとは?

今あなたが自由に旅に出かけられない理由はなんでしょうか。

・仕事の休みがなかなか取れない
・出掛けるためのお金が足りない

なかなか思うように旅に行けない原因は、ほとんどこれです。

「給料が良くて休みも自由に取れる」そんな優良企業はそう多くありません。
というか「給料は良いけど休みが取れない」か「休みは取れるけど給料が低い」か、これだったらまだマシです。仕事によっては「給料も低いし休みも少ない」って事が全然あります。

要するに、旅をするためには「お金」と「時間」が必要です。

日帰りの格安旅も出来ますけど、やっぱりお金にも時間にも余裕があった方が選択肢は広がりますよね。

 

2、お金と時間のバランスは「職業」に左右される

僕たちは「時間」を会社へ捧げることによって「お金」を稼いでいます。超一流の優良企業や、やり手のスーパー営業マンであれば、最低限の時間で最大限のお金を稼ぐことも可能かもしれません。しかし、誰もがそんなすごい人ではありません。

おおよその人は「時間」を犠牲にして「お金」を得ています。

正社員もバイトも、時給も月給も理屈は同じです。1時間をお金に変えているか、1ヶ月をお金に換えているかの違いでしかありません。

「時間」と「お金」のバランス、これが大切です。

時間ばかりあってもお金が無ければやりたいことは出来ません。
逆にお金ばかりあっても使う時間がなければ意味がありません。
時間もお金もちょうど良い塩梅で確保しておきたい。

しかし日本の会社に勤めてながらこのバランスを完璧に操作出来ている人なんてほとんどいないでしょう。お金か、時間か、或いはどちらも足りていません。だからおいそれと旅に出かけることが出来ないんです。

「明日から1週間ヨーロッパに行こうよ」
もしあなたが今そう誘われたとして、断る理由はなんですか?

それが、現在の自分に足りないものです。

3、「時間>お金」の葛藤

会社に勤めているサラリーマンにとって、お金よりも時間が深刻な問題になります。

というのも、方法さえ知っていれば旅に掛ける費用は抑えられます。多くの人が15~20万円のツアーで出掛けるハワイですが、僕なら無料でビジネスクラスで行きますし、支払ったとしても往復2万円くらいでチケットが取れます。これは僕が旅行会社に勤めていたコネを使うわけではなく、誰にだって出来る方法です。

福岡は往復で6000円を切る時代です。すげえ。

そういう手段を使えば旅行に掛かる費用は大した事ありません。
仮にお金が必要な旅行だったとしても、コツコツ貯金をすればきっと目標額は用意出来るでしょう。

でも、時間ばっかりはどうにもならない。どんな手を使ってもヨーロッパに観光しに行くのに土日だけじゃムリ。

そもそも航空券にはミニマムステイというルールがあるのでアジア2泊以上、ミクロネシア2泊以上、ヨーロッパ4泊以上、アメリカ3泊上をしないといけないし、PEX(正規割引航空券)や航空券の種類によってはミニマムステイの日数が前後することもあるし、アジアだったら1泊でも可能な格安航空券も出てるけど2泊以上の航空券より高くなるし以下略

会社勤め週休2日で生活するサラリーマンにとって、5日間を越える長期連休を申請することはそう簡単なことではありません。有給などという幻の制度を快く利用できる会社は、果たして日本にどれくらいあるのでしょうか・・・。クソッタレ。

旅に出るためには「お金」と「時間」が必要で、特にサラリーマンにとっては時間を確保するのが大変なのです。

 

 

・・・そういうわけで、僕は「時間」の縛りから脱するべくフリーライターへ転身したわけなんですけどね。

実際に会社所属から抜け出してどのくらいの自由度を得られたのか、また改めて書きますね。

 

 

 

それでは、また!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

トラベルライター&ブロガー。旅行会社で副店長の順風満帆な生活をぶん投げて、大冒険の日々を送っています。26歳。最近は体型がジャイアンに近付いていることに危機感を感じている。