ブサイクだから内面くらい磨こうぜ




 

こんにちは、あばば(@ababaisme)です。

顔面偏差値50を切る我々は、その恵まれない容姿から「ブサイク」と呼ばれる。

そんな我々が志すべき一つの方向性として「内面イケメン」という道がある。

外見がダメなら中身で戦う。という考えだ。

リアルな話をするとそもそも外見がクソの時点で中身の勝負へ持ち込めない可能性が存在するが、今回の所はそこは一旦おいておこう。

その現実には目をつぶれ。目を開けてもそこに写るのはブサイクな自分だけだ。ダメな可能性を掘り下げるよりも、光を目指して上を目指す方が健全だろう。

顔面を整えるにはメスを入れるしかないが、心をイケメンにするためにメスは要らない。

そしてできればメスにモテたい。

心持ち一つで少しでも良い方向へいけるのだから、我々はとにかく内面を磨くべきなのだ。

中身がイケメンとはどのような状態を指すのか

中身がイケメン、それはすなわち「性格が良い」という事に他ならない。

ブサイクよりもイケメンが好かれるのと同じで、誰だって性格が悪い人よりも性格が良い人が好きだ。

我々は外見には恵まれなかった、これは祖先を恨むしかない

あばば
ブサイクとブスで結婚繰り返すから俺みたいなのが生まれるんだよ

しかし内面は自分次第だ。今から如何様にも変える事が出来る。

ブサイクはその容姿ゆえに自らを嫌い「どうせ自分なんて・・」というネガティブ思考に陥りやすい傾向にあるが、これが一番のタブーだ。

性格が良い人間は、まずネガティブではない

底なしのポジティブ体育会系主人公気質になれとまでは言わないが、とにかくネガティブ思考から脱却せよ。物事をフラットに見て、感じて、動くのだ。

 

女性が好む男性像とは?

この質問に対する女性の答えの大半が

「優しい人」「気遣いができる人」「楽しい人」である。

ここは穿った見方をやめて一つ一つ考えてみよう。

優しさ⇒今からでも取得可能
気遣い⇒今からでも学べる
面白さ⇒今からでも向上の余地あり

あばば
「女性の望む男性像」は後天的に取得可能である

無論、この文脈の前後に「※ただしイケメンに限る」が付いている可能性は否定できない。

ほとんどの人類は容姿の優れたものを好むものだ。古来より我々人間は「ブサイクよりイケメンを好む」とDNAに刻まれている。これは種の反映において非常に重要な事である。

しかしブサイクな我々も人間だ。
種の反映に貢献したい。

そのために我々は努力で追随するしかないのだ。心を強く持ち、顔面偏差値を補って余りあるほどの力を得るしかない。

嫌がられる行為を理解し、避けるべし

ブサイクであろうとイケメンであろうと人に嫌がられる行動は避けるに越したことは無いが、イケメンなら許容されるものもブサイクだと許されないケースが多い。

だから我々は人一倍、気をつけなければならない。

好かれることを意識するよりも、嫌がられないことを意識する必要がある。
我々ブサイクはプラスを狙うよりも、マイナスを避けるべきなのだ。

あばば
ここで大半の人間から不愉快に思われるであろう行為を挙げてみよう。
  • 「どうせ~」「でも~」が口癖のネガティブ男
  • とにかく否定から入り、相手に対する理解を示さない頑固男
  • 「昔は~」「学生時代は~」と過去の武勇伝にすがる自称すごかった男
  • 「○○とは友達で~」「今度○○を紹介するよ」と他人のふんどしで相撲を取るスネ男
  • 「ノリが良い」を履き違えた親しくもないのにタメ口で馴れ馴れしい無礼男
  • 仕事ばかり、或いは遊んでばかりの極端男

どうであろうか。
これらは男の自分からしてもちょっと嫌な感じだ。

あばば
気をつけようね

 

ブサイクなんだから心と財布にくらい余裕を持つべし

お金を持っているということはアドバンテージの一つだ。

「イケメン」に勝るとも劣らないステータスが「お金持ち」である。

ただの馬鹿ではお金は手に入れられない。何かの才能を持つものにお金は舞い込む。

生まれながらに金持ちの子だったアンポンタンも中には存在するが、自ら財産を築き上げた男ほど頼りになる存在はいないのだ。

その証拠に「イケメンよりも金持ち」という女性もかなり多い。イケメンには飽きるかもしれないが、お金はありすぎて困ることも無い。イケメンよりも金持ちの方が将来性がある。

我々ブサイクが一気に弱肉強食のピラミッドのテッペンへと上り詰める一番の方法は、お金持ちになることだ。

あばば
「金持ち」のステータスは時に「イケメン」を凌駕する

お金があれば心にある程度の余裕も生まれるだろう。

ブサイクがイケメンになるのは難しいが、金持ちになれるかどうかは努力次第だ。

あばば
お金に釣られた相手にいくらモテても・・・ってのはあるけど。きっかけの一つにはいいと思う

 

 

ポジティブで心にも財布にも余裕のあるブサイクを目指そう。

僕は財布には余裕がありませんが、ポジティブなのでブサイク界のエースだと自負しています。

 

 

 

なんだ、この記事。笑

それでは、また!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

トラベルライター&ブロガー。旅行会社で副店長の順風満帆な生活をぶん投げて、大冒険の日々を送っています。26歳。最近は体型がジャイアンに近付いていることに危機感を感じている。