海外は危ない?現代の海外情勢について(2018)




 

こんにちは、のび太(@ababaisme)です。

 

「このご時世に海外旅行して大丈夫?」

旅行会社で仕事をしていると非常に多い質問がこちらです。

 

今回はこの海外情勢について、書きます。

のび太
「海外旅行したい!でも不安・・」って人は是非読んで下さい!

 

最近の海外は危ない?

数年前のパリ銃撃事件に始まり、イスラム国を始めとした過激思想犯のテロ活動、空港の爆弾騒ぎや暴走車事件、アメリカでは銃乱射事件が相次いでいます。

北朝鮮は相変わらず世界を相手に挑発行為を繰り返していますね。

朝からミサイルが日本上空を通り過ぎ、町中のスマホがアラートを鳴らしたあの日も記憶に新しいです。

 

自然災害としてはバリ島のアグン山が噴火して、地域住民の方々は念のためにと避難をされました。

ハワイ島のキラウエア火山の噴火も衝撃的でした。観光地として有名な火山だけに観光被害も懸念されています。

 

こうして列挙してみると、確かに物騒な事件が目につきます。

そんでもって日本人は心配性なので「こんな状態で海外に出掛けて大丈夫なのか…」と不安で不安で仕方ない。

 

のび太
でも、これ今に始まった話じゃないです!!

これまでだって世界の何処かでは争いが起きていました、戦争があれば火山も噴火していたし、凄惨な事件もありました。

 

それなのに最近急に物騒になったように思うのは世界中の情報が直ぐに入ってくる環境になったから

インターネット普及の影響が大きいと思うんですよ。

別に「最近特に危なくなった」ってわけじゃない



インターネットの進化による情報拡散

日本で事件が起きるのと同じように、諸外国でも大きな事件はあります。

でも昔はそれが日本人の世間一般の耳に届くには時間がかかったり、そもそも知らないままでおしまいって事が多かったんです。

 

例えばフランス革命なんて教科書に載っているような世界的な事件ですけど、当時の日本人が直ぐにそんな革命のことを知り得たか?と言われたら、多分そんな事は無かったでしょう。

このように一昔前に比べて飛躍的に海外との距離が近くなりました。

 

時差があろうが地球の裏側だろうが気軽に連絡が取れるし、自ずと情報も流れ込んできます。

最近に関わらず、昔から事件や事故はありました。

 

ちゃんと注意して行けば海外だって大丈夫!

大体、日本に居たって北朝鮮のミサイルが上空を飛んでいくんですよ?

この国にいるからって安全が約束されているわけじゃありませんからね。

 

もちろん必要最低限の備えは必要です!!

 

  • 海外旅行保険に加入する
  • 人通りの少ない場所には行かない
  • 荷物は最小限にして肌身離さず所持
  • 現地事情について少しでも把握しておく(宗教上の違いとか)

 

ネットが普及してるんだから調べれば現地情報なんて幾らでも拾えます。

外務省海外安全ホームページ

こちらで外務省が海外安全情報を発信しています。

ちゃんと確認してから出かけるようにすれば、よっぽど運が悪くなければ大丈夫です。

 

ーーとまあ、この記事を始めネット上には様々な見解が転がっています。

それらを踏まえた上で、最終的に旅行へ行くか行かないかを決めるのは自分です。

 

周りの声を重視し過ぎて泣く泣くキャンセルしたものの本心では後悔している…なんて事の無いようにしたいですね。

 

僕は思い立ったら直ぐに出かけてしまう方ですが、ちゃんと現地の安全情報を確認したり、保険に加入したり、そういう最低限の備えは怠りません。

旅というのは「ドキドキワクワク、不安だけど楽しい!」というものです。

旅先でも何より優先すべきは「自分の命」ですからね。そこを理解して準備して出かけましょう!

 

 

それでは、また!




ABOUTこの記事をかいた人

トラベルライター&ブロガー。旅行会社で副店長の順風満帆な生活をぶん投げて、大冒険の日々を送っています。26歳。最近は体型がジャイアンに近付いていることに危機感を感じている。