【無職へのカウントダウン】今の心境こんな感じ




 

こんにちは、あばば(@ababaisme)です。

2月末に退職の話をしまして、今月(2018年4月)いっぱいで会社を退きます。

最終出社日が4月29日に確定し、事実上のラスト1ヶ月間を過ごしている現在の心境を書きます。

あばば
今なんかハイになってる

心に余裕が生まれた

僕はもともと「仕事がいやだ」とか「このままじゃ死んでしまう」みたいなネガティブな理由で退職するわけではないので、そもそも心に余裕を持って仕事をしていました。

詳細はこちらで。

しかし、辞めると決まってからはそれまで以上の「超余裕」を感じています。

余裕を越えた余裕・・・

あばば
サイヤ人でいうと超サイヤ人2ってところかな

心にゆとりがある状態は、自分の事やお店の雰囲気を俯瞰的に見ることができて業務効率がクソほど上がります。

仕事を辞めることが決まってからの方が仕事が捗るという矛盾ッッ!!!

引継ぎ作業中に感慨深くなる

僕は旅行会社で働いています。

現在、予約を承ったお客様の記録を後任のスタッフへと引き継ぐ作業を行っています。

あばば
(ああ~、このお客さんバリ島めちゃくちゃ楽しみにしてたな)
(○○さん、この旅行の次はハワイに行くって言ってたな)

そんな事を考えながら、お客さんと波長が合いそうなスタッフに引継ぎを立てています。

「本当にこの会社を辞めるんだ」という実感が徐々に沸いて来る時間ですね。

自分で決めたものの若干の寂しさを感じます。俺はこの仕事が好きだったんだなあ。

来月のシフト表に自分の名前がない

当たり前だけどなんか衝撃的!!ハブられた感じする~!!
※自分で退職を決めたくせに

みんなが「この日休み希望多いから調整しなきゃ~」と話しているのを聞きながら「アイアムフリーダムッ!」とほくそ笑んでいる副店長がこの僕です。

俺より先に上司が飛んだ

僕の退職が決定した日に店長の異動も確定しました。
しかも4月半ばでフライアウェイ、僕はまさかの見送る側になってしまいました。

新天地での活躍を期待しております・・・。

新しい生活が楽しみすぎて不安ゼロ

自分が楽観的なことは分かっていたんですけど、退職を決めた時から今まで不安とか心配という感情が全く沸いてきません。バグってやがる。

根拠の無い自信がすごいね。自分でも引くくらい「なんとかなる」と思ってます。麻倉葉かよ。

でもこれよくよく考えたら、ライティングしたりブログ書いたりをサラリーマンと平行して進めていたことがでかいと思いました

独立とか考えていなくても、仕事と別で稼げる手段は勉強しておいたほうが余裕が生まれます。本当に。

もう考えるのをやめた

これからどうなるのか。年は越せるのか。1年後は?3年後は?・・・

あばば
そんなこと考えてる暇があったら頑張ったほうがいいよね

昨日こんな事があったんです。

リピーターのお婆ちゃん、いつも一人で出かけるんですよ。
もうすぐ70歳のお婆ちゃん。かっこいいよなあ。

この先どうなるかは分かりませんけど、最終的にはこういう大人になりたい。
年の差40以上の若輩者の僕にこんな対等っぽい感じで激励してくれる人、かっこいいよね。

要するに仕事辞めるのもう直ぐだけど、楽しみ!!!頑張る!!!!って状態です。
最終出社日はとりあえず泣くかもしれませんが、残り半月頑張ります!!ヤるぞ!!!!

「――あばばは――
2度と会社へは戻らなかった…。
無職とフリーランスの中間の生命体となり永遠に現代をさまようのだ。
――そのうちあばばは考えるのをやめた」

 

それでは、また!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

トラベルライター&ブロガー。旅行会社で副店長の順風満帆な生活をぶん投げて、大冒険の日々を送っています。26歳。最近は体型がジャイアンに近付いていることに危機感を感じている。