【旅ビギナーへ】空港に着いたらやるべきこと




 

こんにちは、あばば(@ababaisme)です。

旅行に出かける時に空港に行くけど、ぶっちゃけ空港着いてからどうしたら良いかわかんない。

こういう人けっこう多いんじゃなかろうか。

半年や1年に1度しか空港を利用しない人にとって空港は謎の迷宮・・・。

あばば
今回は「空港に着いてから飛行機で飛び立つまで」をご紹介するぜ

出発の何時間前に空港に行けば良いのか?

「せっかく飛行機を予約したのに乗り遅れた・・」そんなアホな事は出来れば避けたいですよね。

ちなみに僕はこの間乗り遅れました。

あばば
ぐへへ恥ずかしいぜ

こういった恥辱に苦しまないためにも、フライト時間には余裕を持って空港へ向かいたい。

  • 国際線は2時間以上前!
  • 国内線は1時間以上前!

これをデッドラインとして動いておけば乗り遅れることはないでしょう。

実際に僕が旅行会社で副店長していたときの案内はこれでした。

特に国際線の場合は出発前にwi-fiルーターを借りたり、海外保険に加入したり、両替をしたりする場合もありますよね。

できるだけ時間に余裕を持っていったほうが良いですよ。

空港に着いてから出発までの流れ

1、自分が乗る飛行機のターミナルを確認

成田空港には第1~3ターミナルがあり、航空会社ごとに出発するターミナルが異なります。

羽田空港は第一、第二、国際線ターミナルとなっているので海外へ行くときは分かりやすいですね。

例えば日本航空(JAL)の国際線は第2ターミナルから出発するんですが、間違えて第1ターミナルに行ってしまうとなかなか焦ることになります。

あばば
冷や汗もんですぜ・・!

ターミナル間の移動にはそこそこ時間を取られるので事前の確認はしっかりしておきましょう。

仮にもし間違えてしまってもちゃんと間に合うように余裕を持って空港に行ってくれ!

2、自分が乗る飛行機のチェックインカウンターへ向かう

空港の出発フロアに行くと開けた空間が我々を待っています。

AとかBとか書いてあるところが各航空会社のチェックインカウンターです。

自分の乗るキャリアのカウンターを見つけて、そこの列に並びましょう。

このカウンターも時期によってはめちゃくちゃ混んでいる場合があり、思いのほか時間を取られるケースがあります。やはり時間に余裕を持って空港に行かないとあかんぜよ。

3、チェックインカウンターでやるべきこと

カウンターで自分の番が来たら、パスポートとEチケット控えを提示して予約内容を照合してもらいます。

あばば
Eチケット控えが要らない(=パスポートチェックイン)航空会社もあるぜ

ここで無事に予約の確認が取れたら、預け荷物(大き目のキャリーケースとかね)をカウンタースタッフさんへお預けしましょう。

重量オーバーとかだとやっぱり時間取られるので、事前に利用する航空会社の荷物制限を確認しておきましょう。

ここまで終われば手持ちは簡易的な荷物(携帯、財布、チケット、肩掛けカバンとか)のみになりますよね。
※一度預けてしまうと荷物を返してもらうには時間がかかるので、必要なものはちゃんと手荷物として分けておくべし!

【海外の場合】

  • 海外旅行保険
  • WI-FIルーター
  • 海外用の変圧器、コンセント変換プラグ
  • 外貨への両替

これらは事前に用意しておくといいですが、当日調達も可能です。
チェックインを済ませたらこれらの準備をすると良いでしょう。

あばば
これに手間取ってチェックインに遅れると君の冒険は空港でTHE ENDだから気をつけて

4、手荷物検査へと進む

大きな荷物を預けて身軽になったら、今度は機内へ持ち込む荷物に問題がないかチェックです。

これがいわゆる検査の部分、皆さんがイメージする「空港での検査」だと思います。

ライター等の火気類、ハサミやカッターなどの刃物、爆発の恐れがあるスプレー缶など、まあ普通に考えてダメそうだなってものは持ち込むことが出来ません。

荷物や上着をレーンに乗せてスキャン検査、自分も金属探知機のゲートを潜り抜けましょう。

この検査場もめちゃくちゃ混雑するときがあります。

夏休みやゴールデンウィークはもちろんですが、普通の日でも混雑します。

搭乗時間ギリギリに並ぶと肝を冷やす事態に陥りますので、この検査上通過も早めに済ませておくといいですね!

検査場を通ってしまうと原則戻ることは出来ませんので注意!

5、フライトまで時間をつぶす

  • 預け荷物を預けた
  • 持ち込み荷物の検査を通った

お疲れ様でした。これで後は飛行機に乗り込むだけです!

検査場を通過した後にも飲食スペースやお土産スペースがあります、フライトの時間まで思い思いの時間を過ごしましょう。

ちなみに航空会社ラウンジは、この検査場通過後のスペースにあります。

無料でアルコールも飲み放題、ビュッフェも食べ放題、シャワールームやスパも利用できる夢のような贅沢空間ですので皆さん一度は体験して頂きたい。

6、無限の彼方へ、テイクオフ!!!!!

大体フライトの30分~20分前には搭乗開始となりますので、お食事やお買い物はそこそこに各出発ゲートへと向かいましょう。

チケットに出発ゲートと機内での指定座席番号が印字されています。

こちらを参考に、余裕を持って搭乗口へ向かってください。

僕はラウンジでくつろぎすぎて飛行機に乗り遅れかけたことがあります。
最後の最後で致命的なミスをしないように気をつけましょうね。

 

ここで躓いたらせっかくの旅が始まらないので!!しっかり予習しておきましょう!!

それでは、また!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

トラベルライター&ブロガー。旅行会社で副店長の順風満帆な生活をぶん投げて、大冒険の日々を送っています。26歳。最近は体型がジャイアンに近付いていることに危機感を感じている。