【オンラインサロン】ヤるサロンに入ってヤった結果報告




 

こんにちは、あばば(@ababaisme)です。

無所属になって会社の同僚とかと会わない每日が始まるし、ひとりぼっちでやるよりモチベーション上がるかな~なんて気持ちでオンラインサロンに入会してみました。

ヤるサロンに入ってみた

オンラインサロン「ヤるサロン」に入りました。

オンラインサロンは、月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティ(クローズド)の総称である。 作家、実業家、アスリート、アルファブロガー等、専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人又は複数のメンバーが主宰者となり運営している。(Wikipediaより)

ヤるサロンは「20代最強のパラレルワーカー・フリーランス集団を作る」というコンセプトのもと、

【プロ無職】るってぃ(@rutty07z

【クソマジメゲスブロガー】あんちゃ(@annin_book

以上2名が運営するオンラインサロンです。

その全貌はと言うと―――。

その名の通り「ヤること」にコミットした非常にアグレッシブなサロンでした。

「ヤるサロン」だけど別にエロいことはない

もうね、このオンラインサロンは名前にパワーがありすぎる。

「ヤ」がカタカナになっているあたりに悪意を感じます。

現在ヤるサロンには200人近いメンバーが所属していますけど、これを何も知らない人が字面で見たらどう思うでしょうか。

200人近いメンバーが在籍する「ヤるサロン」

あばば
会員制の乱交クラブかな??

サロンの名前がこれなので、何かしら企画が立ち上がる度にその名前が「ヤる◯◯」になりがち。

台湾行こう!→ヤる台湾

あばば
売◯ツアーかな??

この際どい感じ。。。控えめに言って最高です。

でも友達にPC画面を見られて「これはエロい感じのあれではないよ」と弁解したのは事実です。

怠け者の自分を変える切っ掛けになれば・・・と

僕は生まれながらの怠け者なので、これまでの人生ずっと誰かにお尻を叩かれないと頑張れませんでした。

・・・いえ、お尻を叩かれようが、蹴られようが、そんなに頑張れませんでした。

そんなだらしのない僕なので皆さんもお察しの通り「自分との戦い」がすごく苦手です。マラソンとかなにそれ、辛すぎワロタ。

あばば
このままじゃダメだ!!!もっと動かなきゃ!!やらなきゃ!!!

「自分ひとりだと言い訳つくってやりきれない。でも、同じ様な仲間を見つけたら上手くやれるかも・・」

 

そんな一心で首を突っ込んでみたわけでございます。

もともと活動的な2人の事は知っていたんですけど、マジで自分の怠けっぷりに辟易としてきたので起爆剤に出来ればとの思いが強かったです。

 

ヤるサロンでは「分科会」というカタチで色々なスレッドが存在します。

分科会は誰でも提案する事が出来るので、自分が力入れてヤりたいと思っている事の仲間集めにも活用できます。

興味があるメンバー(5名~)が集まったらグループチャットを行います。

サロンに入会したての僕が入ったのは以下の3つです。

  1. 每日ブログ書く分科会
  2. インスタ頑張る分科会
  3. 打倒!ヤるサロン分科会

ヤるサロンにせっかく入ったのに早々に「るってぃさん、あんちゃさん、ぶっ倒す」みたいなレジスタンス運動してるの完全に頭おかしいですよね。

要するに「すごいノッてる人たちに追いつき、追い越したい!」というコンセプトの分科会だったんですけど、ぶっ倒される対象のお2人も顔出してくれて和気あいあい、時に熱く意見を述べ合うという有意義な空間でした。

 

結果、すげえヤれた!!!!!!

結果から申し上げますと・・・

ブログ→PVが3月の約4倍。元がザコだったのもあるけど、ものすごく伸びた!!
更新は数日サボった(クズはそう簡単には治らなかったけど意識変わった)

インスタ→0から立ち上げたアカウントが2週間でフォロワー320人!!

はっきり言ってこの伸び方はけっこう衝撃的でした。自分でも予想していなかった・・。

結局なにをやったかっていうと「自分でちゃんとヤりまくった(行動しまくった)」ってこと。

ただ、この自分でヤるという事に対する意識というか、温度感みたいなもの?は確実に強くなってきているなと感じています。

活発に動いている人を見て負けじと動こうという意識が働いた

やっぱり自分と同じような人たちとバチバチすることで得られる対抗心ってすっげえ大事だなって思います。

思えば、僕が高校生の時にガリ勉して上位を狙っていたのは「競う相手がちゃんと見えた」ことによる対抗心だったんですよね。

目に見えない相手よりも見える相手がいた方が熱が入るし、負けたくないし、自分も頑張ろうって気持ちになれる。

  • 自分の意思だけだとなかなか続けられない根性なし
  • 負けず嫌い
  • 同じ様なことやってる仲間欲しい
  • あんちゃ、るってぃ、好き

こういう僕みたいな人には、「ヤるサロン」はかなりガッチリはまると思います。

1段上へ行くためのジャンプ台「ヤるサロン」

僕は世界一周するので、そっちの計画これからどんどん具体的に発信します。

インスタ運用のコツは掴めてきたから、今度は平行してツイッター運営します。

ブログは継続して更新します。

こういう地道な積み重ねも、同じ様な目的意識のあるメンバーで思考錯誤しながらトライ&エラー出来る。なんか学生みたいな気分です。文化祭良いものにしようって頑張ってる学生みたい。

 

オンラインサロンに入ろうが入るまいが、結局は自分が行動するかどうかでしかありません。

跳び箱を飛ぶために走り出すのは自分だし、助走つけるのも自分だし、ジャンプするのも自分。全部自分。

ただ、ジャンプ台があった方が跳び箱って飛びやすいじゃないですか?

そういうことだなと思ってます。

 

あばば
跳び箱って比喩クソダセエな

 

それでは、また!!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

トラベルライター&ブロガー。旅行会社で副店長の順風満帆な生活をぶん投げて、大冒険の日々を送っています。26歳。最近は体型がジャイアンに近付いていることに危機感を感じている。