人生を「あっという間だった」で終わらせないために




 

 

こんにちは、あばばです。

 

もう11月です。この間まで夏だったと思うんですけどいつの間にか冬になっていて本当にビックリ。

回る回るよ時代は回る〜♪

人はこうやって年老いていくんですね。気付けば僕も25歳、この間まで高校生だったのにどうなってるんでしょうか。

 

今年中にやりたい事をリストアップしてみた

あと2ヶ月弱あればまだまだ達成できる事があるはず!!

・ビデオブログを上げる
・カニを食う
・鍋パーティーを開催する
・Twitterフォロワー数1000人を目指す
・温泉に行く
・サンタさんになる
・年越しラーメンを作る
・来年の手帳を買う

1分で思いつきました。

大体こんな感じかなあ。
とりあえず2017年中にこれら全て達成して晴れやかな気持ちで新年を迎えたいと思います!

 

どうして時間が過ぎるのが早いの?

 

気が付いたら1ヶ月、3ヶ月、半年、1年…と時が経っている。

「大人になってからの体感速度えげつねえな」なんて思った経験、皆さんにもお有りではないかと思います。
事実、僕も歳を重ねるにつれて時が経つのが早く感じられるようになりました。

実はこれ、ただの思い込みじゃなくて
ジャネーの法則っていう解明された事象なんです。

 

ジャネー
「50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどですが
 5歳の人間にとっては5分の1に相当します」

あばば
なるほど!!
確かに言われてみれば、まだ10年くらいしか生きてなかった小学生の頃って物凄く長かった気がするんですよね。小学6年間なんて本当は10年くらいあったんじゃないの?ってくらい長かったような気がする・・・

ということはつまり・・・

歳をとれば歳をとるほど体感速度は加速していく!

 

人生を「あっという間だった」で終わらせないために

新しい事をたくさん経験し覚えていく若い頃は時間は長く感じられ、経験を積んできて新たに記憶する事が少なくなると、時間は短く感じられるそうです。

社会人になると若干の違いこそあれど、基本的には決まったルーティーンで、毎日同じ仕事を同じようなタイムスケジュールの中で過ごす事になります。

更には歳をとるにつれて世の中を理解していき、日々の驚きは減っていきます。

 

これを打開する策は至ってシンプル、

新しい事にチャレンジし続ける事です。

 

新鮮に満ちた毎日にはゆっくりとした時間が流れます。

「あっという間」=「刺激の無い日々」こう言い換えることが出来るのかもしれませんね。

「毎日があっという間だなあ」と感じている人は新しい事を始めて自分の体感時間を変えてみてはいかがでしょうか?

 

それでは、また!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

トラベルライター&ブロガー。旅行会社で副店長の順風満帆な生活をぶん投げて、大冒険の日々を送っています。26歳。最近は体型がジャイアンに近付いていることに危機感を感じている。